2014.03.24

伊紙、先発出場の本田に及第点「非現実的な筋書きに慣れ始めた」

本田圭佑
ラツィオ戦に先発出場した本田圭佑 [写真]=Getty Images

 セリエA第29節が23日に行われ、ラツィオと日本代表MF本田圭佑の所属するミランが対戦。1-1の引き分けに終わった。前節のパルマ戦で出場機会のなかった本田は、右サイドハーフで先発出場。54分に途中交代した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、同試合の採点を発表。先発出場して54分までプレーした本田には、「6」(最高点10、最低点1)を与えた。

 同紙は、リーグ戦2試合ぶりに先発出場した本田について、「不慣れな攻撃的役割の非現実的な筋書きに慣れ始めてきた。あまりにも柔らかなループシュートを狙ったが、ゴールの枠を捕えることはできず」との寸評を掲載した。

 なお、チーム最低点が与えられたのは、フランス代表DFアディル・ラミとギニア代表MFケヴィン・コンスタン。ミランの最高点は、ブラジル代表MFカカの「6.5」だった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る