2014.03.24

長友、戦列復帰でインテル通算100試合出場達成も…終盤失点で7戦ぶり黒星

長友佑都
インテル通算100試合出場も、敗戦に肩を落とす長友 [写真]=Getty Images

 セリエA第29節が23日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとアタランタが対戦。前節を筋肉疲労で欠場した長友は、ベンチスタートとなった。

 試合は序盤から両チームにゴールチャンスが訪れて迎えた35分、試合のペースを握っていたアタランタはカウンターからマキシ・モラレスが右サイドを抜け、中央へパス。ジャコモ・ボナヴェントゥーラが受けると、他の選手の追い越す動きにインテルDF陣がひきつけられ、コースが空いたところに強烈なシュートを決め、先制する。

 一方のインテルも直後にフレディ・グアリンの縦パスを受けたマウロ・イカルディが、ペナルティエリア内左からDF1人をかわして、右足のシュートでネットを揺らし、すぐさま同点とする。

 後半に入り、インテルが押し込むシーズンが続くと、53分にはグアリンのミドルシュートがクロスバーを叩いた。59分にはジョナタンのアーリークロスをロドリゴ・パラシオがうまく頭で合わせたが、ループ気味のシュートはポストに当たった。

 インテルは72分にダニーロ・ダンブロジオに代えて長友を送り出す。インテル在籍100試合目となった長友の投入でサイドの活性化を図る。88分にはインテルにビッグチャンス。ジョナタンがペナルティエリア内右まで侵入すると、ループシュート。クロスバーに当たると、跳ね返りをイカルディが押し込むが、DFのブロックに遭い勝ち越しとはならなかった。

 すると90分、アタランタは右サイドでFKを獲得すると、ファーサイドに送られたクロスをボナヴェントゥーラがヘディングで合わせて勝ち越しに成功。試合はそのまま終了し、アタランタが2-1で勝利した。

 インテルはリーグ戦6試合ぶりの黒星で連勝は2でストップ。好調アタランタはリーグ戦4連勝となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る