FOLLOW US

ミラン指揮官、本田圭佑に最も必要なことは「時間」

ウディネーゼ戦にフル出場した本田 [写真]=Getty Images

 セリエA第27節が8日に行われ、ウディネーゼと日本代表MF本田圭佑の所属するミランが対戦。後半にアントニオ・ディ・ナターレの決勝点を許し、ミランは0-1で敗れた。

 試合後、ミランのクラレンス・セードルフ監督がフル出場した本田について言及した。

 本田は右サイドハーフで先発し、後半途中からはトップ下にポジションを移してプレーした。セードルフ監督は、「彼にはイタリアのサッカーを覚えるために、忍耐が与えられなければならない。右サイドから切り崩すことをとてもうまくやれると確信している。多くの期待がかかっているため、簡単ではないし、彼に最も必要なことは時間だと思っている」と話し、右サイドでの起用に確信を持っていることと、時間が必要なことを強調した。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA