2014.03.07

インテル会長が今後のチーム編成に言及「平均年齢を26.5歳に」

エリック・トヒル
インテルのエリック・トヒル会長がチーム編成に言及 [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのエリック・トヒル会長が、今後のチーム構成と選手補強に言及した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 インテルは5日に、マンチェスター・Uの元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチが来シーズンから加入すると発表。1月にはラツィオからブラジル代表MFエルナネスを獲得した。トヒル会長は、「我々は、これからの2、3シーズンに向けてチームを作り上げているところだ。エルナネスが中盤の軸であるように、ヴィディッチが守備の軸になるだろう」と、2選手の獲得についてコメントした。

 そして、今夏の移籍市場を展望して、「来シーズンに備えて、他に選手を加えることもあるだろう。チームに安定感をもたらす必要がある。なお、来シーズンで選手の平均年齢を26.5歳に持っていけると思う。我々は新しい選手を加えるが、同時に現在の選手数人をキープしたいという考えもある。既に述べた通り、何よりも年齢とポジションでのバランスが重要なんだ」と、話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る