FOLLOW US

ミランのセードルフ監督「勝ち方にもこだわらなければ」

セードルフ監督が「どうやって戦うのかが重要」と、コメント [写真]=Getty Images

 日本代表MF本田圭佑所属のミランを1月から率いているクラレンス・セードルフ監督が、就任の感想とクラブに対する思いを語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 1月16日に就任が発表されたセードルフ監督は、「我が家に戻ってきた気分だよ。ミランに復帰したとはいえ、それほど離れていた感覚はないんだ。お互いのことをよく知っている人ばかりだからね。けがから復帰したような、あるいは休暇から戻ってきたような感じだった。ここで10年もプレーしたのだから無理もないね」と、コメントした。

 そして、「間違いなく自分には、ミランのDNAが埋め込まれている。その価値観を大切にする一方で、選手たちにも伝えていきたい。我々には責任が、とりわけ若いサッカーファンに対する責任があるからね。ただ勝つのではなく、勝ち方にもこだわらなければならない。ただ戦うのではなく、どうやって戦うのかが重要だ。その道のりは長く、ようやくスタートしたばかりだが、技術的な観点から考えても、私は非常に満足している」と、語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO