2014.02.07

差別的チャントをしたローマに制裁…ゴール裏の閉鎖処分が科される

 5日に行われたコッパ・イタリア準決勝ファーストレグのナポリ戦で差別的なチャントがあったとし、ローマのゴール裏に2試合の閉鎖処分が科された。6日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 処分は本拠地オリンピコで開催されるリーグ戦で適用され、16日の第24節サンプドリア戦、3月1日の第26節インテル戦で、2つのゴール裏が閉鎖される。

 ローマは、昨年10月18日の第8節ナポリ戦でゴール裏のサポーターが差別的なチャントを行ったとし、執行猶予となっていたが、5日にも同様の問題を起こしたことで、計2試合の閉鎖処分となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る