2014.02.07

インテル、マンU退団が決まったヴィディッチの獲得レースをリード

ヴィディッチ
インテルが関心を寄せるヴィディッチ [写真]=Man Utd via Getty Images

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は6日、日本代表DF長友佑都の所属するインテルが、マンチェスター・Uの元セルビア代表DFネマニャ・ヴィディッチの獲得に迫っていると報じた。

 同メディアは、インテルのエリック・トヒル会長がヴィディッチ獲得に向けて戦略を変更したと報道。年俸の上限額を250万ユーロ(約3億5000万円)に設定していたが、選手の重要性に合わせて報酬を決めることにしたという。

 また、インテルがヴィディッチ獲得に迫っていると報じた一方で、ユヴェントスやミランといったビッグクラブも同選手に関心を抱いているとし、巨額の移籍金が動く近年のフットボール界においては、成立しかけた交渉が直前で覆される可能性もあると伝えている。

 ヴィディッチは、今シーズン限りでマンチェスター・Uを退団することが決まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る