FOLLOW US

本田圭佑、ミラン移籍後初のフル出場で終盤に逆転弾アシスト…勝利に貢献

移籍後初のフル出場を果たした本田 [写真]=Getty Images

 セリエA第21節が26日に行われ、カリアリと日本代表MF本田圭佑の所属するミランが対戦。本田は4-2-3-1の右サイドハーフで先発となった。

 アウェーゲームに臨んだミランは10分、右サイドで本田のパスを受けたマッティア・デ・シリオの低いクロスに、マリオ・バロテッリがニアサイドへ飛び込んだが、GKに防がれた。18分にはカカのパスを受けたバロテッリから、追い越した本田にスルーパスが通り、GKと1対1となるチャンスになるが、本田のシュートはGKヴラダ・アヴラモヴが足で弾いた。

 前半、風下から風上へ攻めるホームのカリアリは、ロングボールや縦に速い攻撃を見せ、チャンスをうかがうと29分、ミランGKマルコ・アメーリアのキックミスを拾ったマウリシオ・ピニージャの左サイドからのクロスをペナルティエリア内中央で受けたマルコ・サウが、左足の鋭い切り返しでDFとGKを揺さぶり、右足でシュートを決め、先制に成功する。

 39分、ミランは本田に再び決定機が訪れる。右サイド、デ・シリオのアーリークロスがエリア内中央にいた本田にピタリと合うが、ヘディングシュートはGKに弾かれてしまった。前半はカリアリが1点をリードして折り返す。

 後半に入り54分、ミランは本田、カカとつなぎ、右サイドからのグラウンダーのクロスをバロテッリがダイレクトで狙うが、大きく枠を外れた。59分にも本田がピッチ中央をドリブルで持ち上がり、左サイドのロビーニョへパスすると、折り返しを左足で狙うが、枠の上へ外れた。カリアリも73分、ピニージャがペナルティエリア内右から強烈なシュートを放つが、ゴール左へ外れた。

 押し込む時間が続くミランは87分、ペナルティエリアわずかに外の左側で相手ハンドによるFKを得ると、バロテッリがゴール左へ直接決め、同点とする。さらに89分、右CKを得ると、本田が送ったボールに途中出場のジャンパオロ・パッツィーニが右足で合わせて、逆転に成功する。試合はそのまま終了し、ミランが2-1で勝利した。

 ミランはリーグ戦2連勝で、7勝目となった。なお、本田はミラン移籍後初のフル出場を果たしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA