FOLLOW US

ブッフォン退場で10人のユーヴェ、敵地でラツィオとドロー

ブッフォン(右)が一発退場となったユヴェントス [写真]=Getty Images

 セリエA第21節が25日に行われ、ラツィオとユヴェントスが対戦した。

 リーグ戦12連勝中で首位を独走するユヴェントスは、敵地での一戦で、ポール・ポグバ、カルロス・テベス、アルトゥーロ・ビダルらが先発メンバーに名を連ねた。

 リーグ戦13連勝を狙うユヴェントスだが、前半途中で数的不利に陥ってしまう。24分、スルーパスに反応したラツィオのミロスラフ・クローゼを、GKジャンルイジ・ブッフォンが倒してPKを献上。ブッフォンは一発退場となった。PKをアントニオ・カンドレーヴァにゴール左隅へ決められ、ユヴェントスは先制点を奪われた。

 1点ビハインドで迎えた後半、ユヴェントスは同点ゴールを挙げる。60分、ボールキープしたテベスが、右サイドをオーバーラップしたスティーヴン・リヒトシュタイナーへパス。リヒトシュタイナーが中央へクロスを上げると、フェルナンド・ジョレンテが頭で合わせる。緩やかな軌道を描いたボールが、ゴール左隅に吸い込まれた。

 試合は1-1で終了。ユヴェントスはリーグ戦13連勝こそ逃したものの、数的不利ながらも敵地で追い付き、勝ち点1を獲得した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA