2014.01.20

2014年未勝利のインテル指揮官「選手を批判するつもりはない」

マッツァーリ
敗戦を振り返ったインテルのマッツァーリ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第20節が19日に行われ、ジェノアと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。インテルは0-1で完封負けを喫した。今シーズンの4敗目を喫したインテルは、公式戦4試合勝ちなし。2014年は未勝利が続いている。なお、長友はフル出場を果たした。

 試合後、インテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「選手たちのパフォーマンスは良かった。彼らを批判するつもりはない。苦戦している時は、一段と注意を払わないといけない。失点に繋がったCKの場面がまさにそうだ。あと、決定機をきっちりとモノにしなければいけない。物事がうまく回らない時は、今日のような状況でも良いパフォーマンスを見せて乗り越えるしかないんだ。内容は良かったが、重要な勝ち点を取りこぼしたのは残念。この流れを変えるようにしたい」

「自分たちのサッカーを信じ続けることが大事。今日は負けるにふさわしくなかったが、物事がうまく回るようになれば、今日よりも勝利に値しないような試合でも、勝てるようになるだろう」

「以前に比べて決定力が劣っているように思えるが、今日の試合は誰もが見ているはず。ゴール前でミスをしてしまうと、修正するのは難しい。守備面でももっと注意が必要だ。カウンターを簡単に許したり、セットプレーで軽率なミスを犯さないようにしないといけない」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る