2014.01.20

完封負けを振り返るインテルDF「何もかもうまくいかない時」

 セリエA第20節が19日に行われ、ジェノアと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。インテルは0-1で完封負けを喫した。長友はフル出場を果たした。

 試合後、インテルのアルゼンチン代表DFウーゴ・カンパニャーロが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「何もかもうまくいかない時だから、少し悲しい。もっと努力しなくてはいけないというのは間違いないね。今日は相手より(多くの)チャンスを作ったのに、ピッチコンディションや運の問題もあって、勝ち点3を手に得ることができなかった」

「結果が出ていなくても、僕たちは落ち着いている。何もかもが悪い方向に回る時期だけど、みんな平静だ。向上しなくてはいけないことは誰もが把握しているし、練習でそれを目指すつもりでいる。このような悪い時期は、ひとつの快勝が転機になることがある。1つの勝利を得ることで、流れが変わって、何もかもが良い方向に行く可能性があるんだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る