2014.01.07

伊紙、長友にチーム最低タイ評価「大きなミスを犯したことが残念」

長友佑都
カンドレーヴァ(左)と競り合う長友(右) [写真]=Getty Images

 6日に行われたセリエA第18節でラツィオと対戦したインテルは、0-1で敗れ、2014年初戦で黒星を喫した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場したインテルの日本代表DF長友佑都に対し、「5」(最低1、最高10)とチーム最低点タイの低評価をつけた。

 同紙は長友について、「ヘディングシュートで先制点に迫ったものの、ルイス・ペドロ・カヴァンダを逃し、ラツィオの先制点につながる大きなミスを犯す。このミスまでは期待外れではないプレーを見せていた一人だっただけに残念でならない」と寸評している。

 なお、両チーム通じて最高点を獲得したのは、決勝点を決めたラツィオのドイツ代表FWミロスラフ・クローゼで「7」が与えられた。インテルの最高点はスロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチの「6」。長友と同じ最低点の「5」は、アンドレア・ラノッキア、ズドラヴコ・クズマノヴィッチ、ロドリゴ・パラシオ、マテオ・コヴァチッチにつけられた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング