2014.01.07

4年連続20得点のディ・ナターレ、現役引退表明…批判への不満も

ディ・ナターレ
現役引退を表明したディ・ナターレ [写真]=Getty Images

 ウディネーゼに所属する元イタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレが現役引退を表明した。

 ウディネーゼは6日に行われたセリエA第18節のヴェローナ戦にホームで1-3と敗戦。試合後、フル出場したディ・ナターレはイタリアメディア『スカイ』のインタビューに応え、「6月でやめる。すでに代理人や家族には話してあるよ」と引退を表明。一方で、同選手に向けられている批判への不満も示した。

「これからクラブと話をするよ。僕はウディネでの10年間で、妻とディナーに行った回数より、多くのゴールを挙げてきた。このような議論は理解し難いね」

 2004年夏にエンポリからウディネーゼに加入した現在36歳のディ・ナターレは、2009-10シーズンから4年連続でリーグ戦20得点以上をマーク。2009-10、2010-11シーズンには2年連続で得点王に輝いている。しかし今シーズンはリーグ戦15試合出場で、4得点を挙げるにとどまっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る