FOLLOW US

奥川雅也、ハンブルガーSVへのレンタル移籍が決定「このクラブのことはよく知っている」

2024.01.15

奥川雅也(画像はビーレフェルト時代) [写真]=Getty Images

 ハンブルガーSVは14日、アウクスブルクからMF奥川雅也がレンタル移籍加入することを発表した。レンタル移籍期間は2024年6月30日までの半年間と伝えられている。

 奥川は1996年4月14日生まれの現在27歳。京都サンガF.C.の育成組織出身で、U-15、U-18と歩を進め、2015年にトップチーム昇格を果たした。ルーキーイヤーはJ2リーグ5試合出場1得点を記録し、シーズン途中の同年6月にはオーストリアの名門・ザルツブルクへの完全移籍が決定。加入後は同クラブのセカンドチームにあたるリーフェリングや、同じくオーストリアのマッテルスブルク、さらにドイツ・ブンデスリーガ2部のホルシュタイン・キールへのレンタル移籍を経験し、2019年7月にザルツブルクへ復帰。2020-21シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン戦でCL初ゴールも記録した。

 ザルツブルクで徐々に存在感を放っていくと、2021年1月には当時ブンデスリーガの1部に在籍していたビーレフェルトへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。ブンデスリーガで13試合出場1ゴール1アシストを記録するなど主力として活躍し、シーズン終了後の同年6月に完全移籍へと切り替わった。だが、2021-22シーズンにビーレフェルトは2部へ降格。2022-23シーズンは2部でも低迷し、入れ替え戦を経て3部への降格という憂き目を見た。2022-23シーズンにブンデスリーガ2部で30試合に出場して5ゴール10アシストを記録していた奥川は、ビーレフェルトとの契約を2024年6月30日まで残していたものの、3部降格によって当時の契約が解消。昨年7月にフリーでアウクスブルクへ完全移籍加入していた。

 個人としては2シーズンぶりのブンデスリーガに臨むこととなったが、鎖骨を骨折していた影響で新天地でのプレシーズンへの合流が遅れると、その後左ひざの内側じん帯を負傷して長期離脱を強いられる。ケガを乗り越え、昨年10月28日に行われたブンデスリーガ第9節ヴォルフスブルク戦で初出場を果たしたが、その後再びケガに苦しめられていた。今季アウクスブルクで出場した試合はわずか2試合のみ。いずれも途中出場となっていた。

 レンタル移籍加入に際し、ハンブルガーSVのSD(スポーツディレクター)を務めるクラウス・コスタ氏は「彼の獲得は、我々の攻撃の質を高め、幅を広げることへ繋がる。マサヤはこのリーグを熟知している選手。サイドでの創造的で勇敢なプレーが持ち味で、相手ゴールを脅かす存在となってくれるだろう。同時に、ボールを奪うためのプレーにも意欲的に取り組むことができる。我々のチームに適した選手だ」と期待を寄せた。

 また、奥川自身もクラブを通してコメントを発表。ホルシュタイン・キール時代の“恩師”であるティム・ヴァルター監督の名前にも触れながら、新天地での意気込みを明かした。

ハンブルガーSVで自らの仕事を果たすことを楽しみにしている。このクラブのことはよく知っているし、キールでプレーしていた時にはティム・ヴァルター監督と共に戦った。(キール時代に)ヨナス・メファートやラースロー・ベーネス、(ビーレフェルト時代に)ギリェルメ・ラモスともプレーしたことがある。すぐにでもハンブルガーSVの力になるべく、自らの強みを発揮することに集中している。チーム、そしてクラブ全体の目標達成に貢献できるように頑張りたい」

 ハンブルガーSVは3度のブンデスリーガ制覇を誇る古豪で、1982-83シーズンにはヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ(現:チャンピオンズリーグ)優勝も成し遂げた。2017-18シーズンにクラブ史上初の2部降格を経験すると、以降はあと一歩のところで昇格を逃すシーズンが続き、気が付けば2部で6年目となるシーズンを過ごしている。今季は第17節終了時点で9勝4分4敗の勝ち点「31」という成績を残しており、現在の順位は3位。7シーズンぶりの1部復帰を狙える位置につけている。

 なお、過去にハンブルガーSVにはFW高原直泰氏(現:沖縄SV監督兼CEO)、DF酒井高徳(現:ヴィッセル神戸)、MF伊藤達哉(現:マクデブルク)が在籍していたことがある。奥川はクラブにとって歴代4人目の日本人選手として迎え入れられた。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING奥川雅也のニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO