FOLLOW US

ライプツィヒ、ベルギー代表FWオペンダ獲得を発表! エンクンクの後釜に

2023.07.15

ライプツィヒ移籍が決定したオペンダ [写真]=Getty Images

 ライプツィヒは14日、RCランスからベルギー代表FWロイス・オペンダを完全移籍で獲得したことを発表した。

 発表によると、ライプツィヒはオペンダと2028年6月30日までとなる5年契約を締結し、背番号は「17」に決定。なお、移籍金については明らかになっていないが、フランス紙『レキップ』によると、4300〜4600万ユーロ(約67〜72億円)に600万ユーロ(約9億円)の追加オプションが付随した金額で両クラブは合意に至った模様で、ライプツィヒにとってはクラブ史上最高額の移籍金になったようだ。

 現在23歳のオペンダはクラブ・ブルッヘの下部組織出身で、2018年8月にトップチームデビュー。2020年7月からフィテッセへの2シーズンのレンタル移籍を経て、2022年7月にRCランスに完全移籍を果たした。2022-23シーズンはリーグ・アンで全38試合に出場し、21ゴール4アシストを記録。また、U-15から世代別のベルギー代表に選出され、2022年6月にA代表デビューを果たし、通算9試合出場で2ゴールを記録している。

 ライプツィヒでは今夏、フランス代表FWクリストファー・エンクンクが6000万ユーロ(約94億円)と見られる移籍金でチェルシーへと完全移籍したほか、ハンガリー代表MFドミニク・ソボスライは7000万ユーロ(約110億円)の契約解除条項を発動してリヴァプールへと完全移籍しており、同選手らの後釜としてオペンダを獲得した形となった。

 移籍が決定したオペンダはライプツィヒのクラブ公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

ライプツィヒに加入することができてとても嬉しい。このクラブはブンデスリーガのトップチームの一つであり、定期的にチャンピオンズリーグに出場し、連続でカップ優勝も果たしている。信じられないほど楽しみなクラブだから、ライプツィヒで次のステップへと踏み出したいと思う」

ライプツィヒは明確に定義された攻撃的な思考のプレースタイルを持っており、ストライカーとしての僕にぴったりだ。チームや街、ファンのことを知るのが楽しみだし、始まるのが待ちきれない。トップレベルの体制を整える大きな可能性を持ったチームに加入することになった。これまでの成功をもとにして、さらに多くのことを達成できるように自分の役割を果たしたいと思う」

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO