FOLLOW US

後半戦の巻き返し実らず2部降格のシャルケ、DF吉田麻也を含む計8選手の退団を発表

シャルケは7日、DF吉田麻也を含む計8選手の退団を発表 [写真]=Getty Images

 シャルケは7日、日本代表DF吉田麻也を含む計8選手のクラブ退団を発表した。

 2020-21シーズンの歴史的低迷から立ち直り、1年でのブンデスリーガ復帰を果たしたシャルケは今季、序盤戦から7連敗を喫するなど苦戦を強いられると、一時は巻き返しに成功したものの、最終的に残留圏にまで3ポイント及ばずに2部降格が決定した。

 そして7日、シャルケは8選手のクラブ退団を発表。レンタル移籍加入組のGKアレクサンダー・シュヴォロウ(ヘルタ・ベルリン)、DFイェレ・ウロネン(ブレスト)、DFモリッツ・イェンツ(ロリアン)、MFトム・クラウス(ライプツィヒ)、MFエデル・バランタ(クラブ・ブルッヘ)、FWミヒャエル・フライ(アントワープ)の6名は保有元のクラブに復帰する。また、MFアレックス・クラールはウニオン・ベルリンへの移籍が決定済み。一方で、公式戦31試合に出場したDF吉田麻也の移籍先については、まだ明らかになっていないとのことだ。

 シャルケのアンドレ・へヒェルマンSDは、8選手の退団について「選手ひとりひとりに感謝したい。彼らがいなければ、チームから誰かひとりでも欠けていたら、この数週間、数カ月をこのような形で過ごすことは不可能だっただろう。選手がクラブを去るのは、いつも残念なこと。我々は移籍によって生じた穴を埋め、来シーズンのタスクに対応できるチームを編成するために懸命に働いていく」と胸中を明かしている。

 1988年8月24日生まれの吉田は現在34歳。名古屋グランパスの育成組織出身で、2007年にトップチーム昇格を果たした。2008年から指揮を取ったドラガン・ストイコヴィッチ氏の下で著しい成長を遂げた同選手は、2010年冬に自身初の海外挑戦としてVVVフェンローへと移籍。その後はサウサンプトン、サンプドリアを経て、2022年夏にシャルケに加入していた。また、日本代表の通算キャップ数は「120」を超えており、FIFAワールドカップに3度出場。2018年9月からはMF長谷部誠の後を継いで、主将に就任した。

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO