FOLLOW US

今季のブンデスリーガ得点王はフュルクルク&エンクンク! ゴール数は「16」

2023.05.28

フュルクルクとエンクンクが初のブンデス得点王に輝く [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第34節(最終節)が27日に行われ、2022-23シーズンの全日程が終了した。

 今シーズンの得点王には、ブレーメンのドイツ代表FWニクラス・フュルクルクライプツィヒのフランス代表FWクリストファー・エンクンクの2名が輝いた。両者の得点数は「16」となっている。両選手ともブンデスリーガ得点王に輝くのは今シーズンが初となった。

 フュルクルクは今シーズン序盤からゴールを量産し、FIFAワールドカップカタール2022による中断期間の前までに10ゴールを挙げていた。終盤戦は負傷の影響で欠場する試合も少なくはなく、最後にゴールを決めたのは第27節のマインツ戦(2-2)。前節ケルン戦と最終節のウニオン・ベルリン戦はフル出場を果たしたものの、ゴールネットは揺らせなかった。一方、エンクンクもワールドカップの中断前までに12ゴールを記録。だが、W杯直前の左ひざ負傷や3月から4月にかけての太もも負傷により、その後は欠場する試合が増えてしまった。第30節ホッフェンハイム戦(○1-0)でブンデスリーガ16試合ぶりのゴールを決めると、第33節バイエルン戦(○3-1)でも勝利を呼び込む逆転弾をマーク。最終節のシャルケ戦では巧みなドリブルからチーム2点目を決めると、後半アディショナルタイムにもループシュートを決め、4-2での勝利に貢献。土壇場で得点ランキングのトップに浮上していた。

 フュルクルク、エンクンクに続くのはフランクフルトのフランス代表FWランダル・コロ・ムアニフライブルクのイタリア代表FWヴィンチェンツォ・グリフォだ。両選手はシーズンを通してゴール数「15」を記録。フランクフルトフライブルクは最終節で対戦しており、試合はグリフォのヘディングシュートでフライブルクが先制。だが、終盤に差し掛かった83分、日本代表MF鎌田大地のクロスボールからコロ・ムアニが頭で沈め、試合は振り出しに。90分にはフランクフルトのフランス代表MFエリック・ジュニオール・ディナ・エビンベが逆転ゴールを挙げ、2-1でフランクフルトの勝利に終わっていた。

 得点ランキングの5位には劇的なブンデスリーガ11連覇を達成したバイエルンから、「14」ゴールを記録したドイツ代表FWセルジュ・ニャブリが入った。続く6位には、ゴール数「13」でボルシアMGのフランス代表FWマルクス・テュラムが入っている。

 2022-23シーズンのブンデスリーガ得点ランキングは下記の通り。※一桁順位の選手のみ記載

▼得点ランキング

▼1位タイ:16ゴール
ニクラス・フュルクルクブレーメン/ドイツ代表)
クリストファー・エンクンクライプツィヒ/フランス代表)

▼3位タイ:15ゴール
ランダル・コロ・ムアニフランクフルト/フランス代表)
ヴィンチェンツォ・グリフォフライブルク/イタリア代表)

▼5位:14ゴール
セルジュ・ニャブリバイエルン/ドイツ代表)

▼6位:13ゴール
マルクス・テュラムボルシアMG/フランス代表)

▼7位タイ:12ゴール
ジャマル・ムシアラバイエルン/ドイツ代表)
ヨナス・ホフマンボルシアMG/ドイツ代表)
アンドレイ・クラマリッチホッフェンハイム/クロアチア代表)
マーヴィン・ドゥクシュブレーメン/ドイツ)

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO