FOLLOW US

ボーフムがライプツィヒ撃破、浅野は決勝弾関与! シャルケは劇的弾で8戦無敗/ブンデス第25節

2023.03.19

ブンデスリーガ第25節が各地で行われた [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第25節が18日に各地で行われた。

 現在残留争いを強いられている14位のボーフムは、前節終了時点で3位につけていたライプツィヒをホームに迎えた。試合は前半をスコアレスで折り返すと、後半の立ち上がりに均衡が破れる。48分、左サイド高い位置で得たスローインでロングスローを放り込むと、フィリップ・ホフマンが頭で繋いだボールに浅野拓磨が反応。フリーで狙ったヘディングシュートはGKに阻まれたが、こぼれ球をエルハン・マショヴィッチが押し込み、ボーフムが先手を取った。結局試合はこのままタイムアップ。試合を通してライプツィヒのシュート数「21」、ゴール期待値「1.79」と文字通り猛攻を受けたボーフムだったが、無失点で凌ぎ切り、貴重なブンデスリーガ2連勝を飾った。

 直近のブンデスリーガ7試合を2勝5分と無敗で駆け抜け、残留に向けて希望の光が見えてきたシャルケは、敵地でアウクスブルクと対戦。試合はスコアレスで迎えた51分、シャルケのビルドアップが乱れた隙を見逃さなかったアウクスブルクアルネ・マイアーの得点で先制に成功。しかし、直後のプレーでエルメディン・デミロヴィッチが足を大きく振り上げたプレーで退場処分に。数的優位となったシャルケはなかなかゴールネットを揺らすには至らなかったものの、後半アディショナルタイムにシモン・テロッデがボックス内で倒されてPKを獲得する。このPKをマリウス・ビュルターが落ち着いて決め、シャルケが土壇場で試合を振り出しに戻した。このまま1-1でタイムアップを迎え、シャルケは無敗を継続。今節は残留争いのライバルである2チームの“直接対決”でホッフェンハイムヘルタ・ベルリンを3-1で下したため、シャルケは未だ降格圏に沈んでいるものの、残留圏との勝ち点差はわずか「1」となっている。なお、吉田麻也はフル出場。上月壮一郎は負傷のためメンバー外となった。

 ボーフムシャルケと同じく残留争いを強いられているシュトゥットガルトはホームでヴォルフスブルクと対戦。遠藤航伊藤洋輝原口元気の“日本人トリオ”が揃ってスタメン出場した一戦は、56分にオマル・マルムシュが決めたミドルシュートが決勝点に。他会場の結果を踏まえ、シュトゥットガルトは最下位に沈むこととなった。

 現在首位バイエルンを勝ち点差「2」で追う2位ドルトムントは、ホームに12位のケルンを迎えた。試合は立ち上がりからホームチームのペースで進む。15分、マリウス・ヴォルフからのパスを受けたドニエル・マレンがドリブルで右サイドを突破。中央への折り返しをラファエル・ゲレイロが押し込み、先制に成功した。先制点からわずか2分後、ドルトムントは右から中央へボールを持ち運んだジュード・ベリンガムが縦パスで攻撃のスイッチを入れる。マルコ・ロイス、ゲレイロがダイレクトで繋ぎ、最後はセバスティアン・ハラーが左足フィニッシュを沈めた。止まらないドルトムントは32分にロイス、36分にマレンが追加点を決め、前半だけで4ゴールを記録。対するケルンは前半終了間際の右からのクロスボールにダヴィー・ゼルケが合わせる。シュートはGKに阻まれたものの、こぼれ球をゼルケ自身が押し込み、前半に1点を返してハーフタイムに突入した。

 後半に入ってもドルトムントの勢いは止まらない。69分にペナルティエリア手前でフリーキックを獲得すると、マフムド・ダフードが右足で直接狙う。この一撃はクロスバーに嫌われたものの、こぼれ球をハラーが押し込んだ。70分にはハラーのポストプレーからマレンが繋ぎ、最後はロイスが冷静に右足フィニッシュを沈める。試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが大勝を飾った。今節を未だ消化していないバイエルンを一旦は追い抜き、暫定首位に浮上している。

 今節の結果は下記の通り。

■第25節結果

▼17日
ボルシアMG 2-2 ブレーメン

▼18日
ホッフェンハイム 3-1 ヘルタ・ベルリン
ボーフム 1-0 ライプツィヒ
アウクスブルク 1-1 シャルケ
シュトゥットガルト 0-1 ヴォルフスブルク
ドルトムント 6-1 ケルン

▼19日
ウニオン・ベルリン vs フランクフルト
レヴァークーゼン vs バイエルン
マインツ vs フライブルク

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO