FOLLOW US

最下位シャルケが8戦ぶり白星! シュトゥットガルト撃破…吉田、遠藤、原口、伊藤が出場

2023.02.26

シャルケが2023年初勝利! [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第22節が25日に行われ、シャルケシュトゥットガルトが対戦した。

 今季は長らく最下位に沈んでいるシャルケだったが、直近のブンデスリーガでは4試合連続スコアレスドローとなり、少しずつポイントを積み上げている。一方、シュトゥットガルトも同様に残留争いを強いられるシーズンとなっているものの、前節のケルン戦を3-0で終え、ブンデスリーガ7試合ぶりの白星を飾っていた。現在は降格圏を脱出している。残留のためには両チーム負けられない一戦。シャルケ吉田麻也シュトゥットガルト遠藤航伊藤洋輝原口元気はスタメン出場を果たした。シャルケ上月壮一郎は負傷のためメンバー外となっている。

 試合はホームチームが良い入りを見せると、そのまま10分に先制に成功。GKラルフ・フェアマンのロングフィードが左サイドに向かうと、密集地帯をミヒャエル・フレイが突破。左サイドを駆け上がって左足でクロスボールを送ると、走り込んだドミニク・ドレクスラーが頭で合わせた。強烈なヘディングシュートはシャルケにとって5試合ぶりの得点となり、ホームチームが先手を取っている。

 その後は一進一退の攻防が続いたものの、40分には再び試合が動く。シャルケは自陣で相手ゴールキックを跳ね返したところからロドリゴ・サラサールが右サイドを突破。マイナスへ折り返すと、待っていたマリウス・ビュルターが“バックヒール”で狙い澄ました一撃を沈め、シャルケが大きな追加点を記録。前半はこのままシャルケの2点リードで終了した。

 後半に入るとシュトゥットガルトも反撃へ。63分、敵陣に押し込んだ状態で細かくパスを繋ぐと、ペナルティエリア手前の左寄りでボールを持ったボルナ・ソサがフリーで左足を振り抜く。強烈な一撃がシャルケのGKフェアマンのキャッチミスを誘い、股を抜けてゴール方向へ。ソサの2試合連続ゴールでシュトゥットガルトが1点を返した。

 その後はシュトゥットガルトが猛攻に出たものの、シャルケも集中力を切らさずに同点弾を許さない。試合はこのままタイムアップを迎え、シャルケがブンデスリーガ8試合ぶりの白星を飾った。シャルケにとっては2023年の初勝利となっている。一方、前節の勝利で降格圏を脱したシュトゥットガルトだったが、ブンデスリーガ2試合ぶりの黒星に。最下位シャルケとの勝ち点差が「3」まで縮まった。シャルケの吉田とシュトゥットガルトの遠藤はフル出場。伊藤は前半のみ、原口は78分までのプレーとなっている。

 次節は4日に行われ、シャルケは敵地で浅野拓磨所属のボーフムと、シュトゥットガルトはホームでバイエルンと、それぞれ対戦する。

【スコア】
シャルケ 2-1 シュトゥットガルト

【得点者】
1-0 10分 ドミニク・ドレクスラーシャルケ
2-0 40分 マリウス・ビュルターシャルケ
2-1 63分 ボルナ・ソサシュトゥットガルト

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO