FOLLOW US

ホームで完敗も…フランクフルト指揮官は逆転突破へ希望「0-2は悪くないともいえる」

2023.02.22

フランクフルトのグラスナー監督 [写真]=Getty Images

 フランクフルトを率いるオリヴァー・グラスナー監督は、ホームで完敗に終わったナポリ戦を振り返ってコメントした。21日、UEFA(欧州サッカー連盟)が公式サイトで伝えている。

 
 チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦・ファーストレグで本拠地にナポリを迎えたフランクフルト。MF鎌田大地らが先発したチームは、立ち上がりこそ良い時間帯を作ったものの、セリエAで圧倒的な強さを誇るナポリに次第にペースを奪われる。36分にはGKケヴィン・トラップが見事なPKストップで先制点を許さなかったものの、直後にボールロストからのカウンターで被弾すると、後半には主砲ランダル・コロ・ムアニが退場処分に。その後の65分にも追加点を奪われ、ホームで0-2という厳しい結果となった。

 試合を振り返ったグラスナー監督は、ミスの多さについて嘆いたものの、厳しい試合展開ながら大量失点は免れたことで、逆転突破の希望が十分に残っているとの考えを口にした。

「相手は非常に良い20〜25分間を過ごし、その時間を生かした。同時に、我々はその時間帯にあまりに多くのミスをしてしまったんだ。そうして、特に我々が10人に減った時には、非常に苦しい状況になってしまったんだ」

「だから、そのような状況を考えると、0-2の敗戦は悪くないともいえるんだ。我々にはまだチャンスが残っているからね。素晴らしい試合ではなかったけど、まだ突破することはできる」

 また、敵地でのセカンドレグについては、「は観光客としてナポリを訪れるつもりはない。もし先制点をあげることができれば、1-0になり、相手は少しナーバスになるだろう。だからそれが我々が描くシナリオだ」と、逆転でのベスト8進出への展望を語っている。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO