FOLLOW US

契約満了迎えるライプツィヒMFライマー、今夏バイエルンにフリー移籍か

バイエルンへの移籍が噂されているコンラッド・ライマー [写真]=Getty Images

 去就に注目が集まっているオーストリア代表MFコンラッド・ライマーは、今夏にバイエルンへ加入することに近づいているようだ。24日、ドイツ誌『キッカー』が報じている。

 現在25歳のライマーは、ザルツブルクの下部組織で育ち、2017年7月に姉妹クラブであるライプツィヒへ完全移籍した。今シーズンは9月に負った足首のケガにより長期の戦線離脱を余儀なくされていたが、現在は戦列に復帰。24日に行われた第17節シャルケとの一戦では先発出場し、77分までプレーするなど、ここまで公式戦8試合に出場している。

 昨夏の移籍市場でもバイエルンへの移籍が噂されていたライマーだったが、最終的にはライプツィヒに残留。それでも、ライプツィヒとの現行契約が2023年6月30日までとなっていることから、今シーズン終了後にはフリーでの移籍が可能となっており、去就には注目が集まっている。

 報道によると、2023年1月1日から他クラブとの移籍交渉が可能となっているライマーはすでにバイエルンと合意。事前契約も締結した模様で、今夏のバイエルン加入が決定的になっているようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO