FOLLOW US

独誌のブンデス格付けに日本代表4名! 鎌田は攻撃的MFで2位「“6番”でも機能するが…」

2023.01.03

『kicker』誌が高く評価した遠藤航(左)と鎌田大地(右) [写真]=Getty Images

 ドイツ誌『kicker』は2日、2022-23シーズン冬版のブンデスリーガ選手格付けランキングを発表した。

 この伝統企画は、GK、センターバック、サイドバック、守備的MF、攻撃的MF、ウインガー、ストライカーの7つのポジションごとに、ブンデスリーガの選手をランク付けするというもの。WELTKLASSE(ワールドクラス)、INTERNATIONALE KLASSE(国際クラス)、NATIONALE KLASSE(国内クラス)の3段階で評価される。なお、ロベルト・レヴァンドフスキ(現バルセロナ)やアーリング・ハーランド(現マンチェスター・C)がリーグから去り、今回ワールドクラス評価の選手は0人だった。

 ブンデスリーガで活躍する日本代表のメンバーからは、4人がランクイン。ボルシアMGのDF板倉滉がセンターバック部門で6位(国内クラス)、シュトゥットガルトのMF遠藤航が守備的MF部門で6位(国際クラス)、フランクフルトのMF鎌田大地が攻撃的MF部門で2位(国際クラス)、フライブルクのMF堂安律がウインガー部門で4位(国際クラス)となった。

『kicker』誌による各選手の寸評は以下の通り。

板倉滉は、メンヘングラートバッハで期待以上の活躍を見せた。地上でも空中でも非常に強く、よく予測し、見事なビルドアップを見せる」

「(遠藤航)29歳の日本人は、シュトゥットガルトにおいて『ミスター・ツーフェアレスィヒ(信頼できる男)』と呼ばれるほど、走りもタックルも強く、技術的にも優れており、献身的なプレーでお手本となっている。ワールドカップでは主役になった」

鎌田大地は“6番”(守備的MF)としても機能するが、彼の攻撃的なクオリティを考えると、この選手なしには考えられない。フランクフルトの同僚であるマリオ・ゲッツェと同様、この日本人選手はその見事なテクニック、スペース感覚、より良いポジションのチームメイトを見抜く能力で印象づけることができる。公式戦で12ゴール5アシストを記録したことが、それを物語っている」

「(堂安律)ワールドカップでの活躍により、国際クラスに昇格した。フライブルクでは、1対1のドリブラーとして攻撃的なプレーを新たなレベルに引き上げているが、この部門の他の選手とは対照的に、24歳の彼は比較的扱いやすいスタッツしか持っていない(得点4、アシスト4)」

 各ポジションのランキングは以下の通り。(一部抜粋)

■GK

▼国際クラス
1位 グレゴール・コベル(ドルトムント)
2位 ヤン・ゾマー(ボルシアMG)
3位 ケヴィン・トラップ(フランクフルト)
4位 マルヴィン・シュヴェーベ(ケルン)
5位 クーン・カステールス(ヴォルフスブルク)
6位 マルク・フレッケン(フライブルク)
7位 マヌエル・ノイアー(バイエルン)

■センターバック

▼国際クラス
1位 ダヨ・ウパメカノ(バイエルン)
2位 マティアス・ギンター(フライブルク)

▼国内クラス
3位 リュカ・エルナンデス(バイエルン)
4位 マッツ・フンメルス(ドルトムント)
5位 マタイス・デ・リフト(バイエルン)
6位 板倉滉(ボルシアMG)
7位 ヨシュコ・グヴァルディオール(ライプツィヒ)
13位 ニクラス・ズーレ(ドルトムント)

■サイドバック

▼国際クラス
1位 アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン)
2位 ジェレミー・フリンポン(レヴァークーゼン)
3位 ボルナ・ソサ(シュトゥットガルト)
4位 ラミ・ベンセバイニ(ボルシアMG)

▼国内クラス
5位 バンジャマン・パヴァール(バイエルン)
8位 クリスティアン・ギュンター(フライブルク)
10位 ヌサイル・マズラウィ(バイエルン)

■守備的MF

▼国際クラス
1位 ジュード・ベリンガム(ドルトムント)
2位 ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)
3位 レオン・ゴレツカ(バイエルン)
4位 セバスティアン・ローデ(フランクフルト)
5位 ザヴェル・シュラーガー(ライプツィヒ)
6位 遠藤航(シュトゥットガルト)
7位 マクシミリアン・アルノルト(ヴォルフスブルク)

■攻撃的MF

▼国際クラス
1位 ジャマル・ムシアラ(バイエルン)
2位 鎌田大地(フランクフルト)
3位 マリオ・ゲッツェ(フランクフルト) 
4位 イェスパー・リンドストロム(フランクフルト)

▼国内クラス
5位 トーマス・ミュラー(バイエルン)
6位 ソボスライ・ドミニク(ライプツィヒ)
9位 ユリアン・ブラント(ドルトムント)
10位 マルコ・ロイス(ドルトムント)

■ウインガー

▼国際クラス
1位 レロイ・サネ(バイエルン)
2位 ヴィンチェンツォ・グリフォ(フライブルク)
3位 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
4位 堂安律(フライブルク)
5位 ドディ・ルケバキオ(ヘルタ・ベルリン)

▼国内クラス
6位 サディオ・マネ(バイエルン)
8位 ヨナス・ホフマン(ボルシアMG)
9位 ムサ・ディアビ(レヴァークーゼン)

■ストライカー

▼国際クラス
1位 クリストファー・エンクンク(ライプツィヒ)
2位 ランダル・コロ・ムアニ(フランクフルト)
3位 エリック・マキシム・チュポ・モティング(バイエルン)
4位 マルクス・テュラム(ボルシアMG)
5位 ニクラス・フュルクルク(ブレーメン)

▼国内クラス
8位 ユスファ・ムココ(ドルトムント)
10位 ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

EUROJAPAN CUP 2024

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

【PR】欧州クラブ来日マッチを見るなら「Lemino」

2024年夏も、さまざまな海外強豪クラブが来日予定。 「Lemino」ではヴィッセル神戸 vs トッテナム ホットスパーほか5試合を配信予定です。

※生配信は無料で視聴できますが、「dアカウント」ログインが必要です
見逃し配信は、月額990円(税込)の「Leminoプレミアム」での配信となります

Jクラブ vs 欧州クラブの熱戦を「Lemino」で視聴しよう!

「Lemino」とは、ドコモが提供する映像配信サービス。ドコモ携帯電話ユーザー以外も利用可能です。

有料プランの「Leminoプレミアム」は、月額990円(初回入会なら初月無料)。映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽・スポーツなど、さまざまなジャンルのコンテンツを18万本以上も取り揃えている注目のサービスです。

Leminoで独占配信
  1. 2024/7/27(土)19:00
    明治安田Jリーグワールドチャレンジ2024 powered by docomoヴィッセル神戸 vs トッテナム ホットスパー独占無料生配信
  2. 2024/7/28(日)19:00
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo京都サンガF.C. vs VfBシュトゥットガルト※無料生配信
  3. 2024/7/31(水)19:30
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo浦和レッズ vs ニューカッスル独占無料生配信
  4. 2024/8/1(木)18:30
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomoサンフレッチェ広島 vs VfBシュトゥットガルト※無料生配信
  5. 2024/8/3(土)19:00
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo横浜F・マリノス vs ニューカッスル独占無料生配信

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO