FOLLOW US

英雄リベリーが現役引退…カーンCEOら感謝「バイエルン史上最も偉大な選手の一人」

2022.10.21

現役引退を発表したリベリー [写真]=Getty Images

 元フランス代表MFフランク・リベリーの引退発表に際し、古巣バイエルンの関係者がコメントを寄せた。21日に同クラブの公式サイトが伝えた。

 リベリーは2007年夏から2019年夏にかけてバイエルンに在籍。公式戦通算425試合に出場し、124ゴール182アシストを記録した。9度のブンデスリーガ優勝や2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ優勝などに貢献し、2013年には欧州サッカー連盟(UEFA)の年間最優秀選手賞を受賞した。

 現在バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務める元ドイツ代表GKオリヴァー・カーン氏は、2008年夏に自身が引退するまでともにプレーしたリベリーについて、次のようにコメントしている。

「サッカー界で最も素晴らしいキャリアの一つが終わりを迎えた。私は彼と一緒にプレーする機会に恵まれ、彼がピッチの反対側で私たちのファンを興奮させたことを、自分のゴールからはっきり見ることができた。フランクはピッチ上の“わんぱく小僧”だった。特別な存在で、技巧の象徴的存在だった。バイエルンは彼を10年以上擁し、彼とともに最高のタイトルを勝ち取ったことを誇りに思う」

 また、ウリ・へーネス名誉会長は、「フランク・リベリーはFCバイエルン史上最も偉大な選手の一人である。ピッチ上での彼の堂々とした態度は、常にファンから愛されてきた。彼がFCバイエルンやミュンヘンを居心地よく感じていることは、彼のプレーからいつも伝わってきた。私はフランクを偉大な選手、そして信頼できる友人として知ることができた。よくやった、そしてありがとう、フランク!」と、労いの言葉をかけた。

 ハサン・サリハミジッチSD(スポーツディレクター)は、「2007年にフランクと契約したことは、FCバイエルンが常にヨーロッパで最高のクラブとなるための礎石となった。フランクはボールの“ヴィルトゥオーソ”(達人)であり、偉大なファイターであり、抜け目なく、常にピッチで全力を尽くし、我々のクラブのためにすべてを捧げてくれた。彼はFCバイエルンで勝ち取るべきものはすべて勝ち取った。FCバイエルンは彼にとって常にホームである」とコメントし、将来的な帰還を歓迎している。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO