FOLLOW US

移籍噂の鎌田大地が躍動! フランクフルト、打ち合いを制して今季初勝利

ゲッツェ(中央)がブンデスで3年ぶり得点 [写真]=picture alliance via Getty Images

 ブンデスリーガ第4節が28日に行われ、ブレーメンフランクフルトが対戦した。

 前節ドルトムントに劇的な逆転勝利を収めたブレーメンと、開幕3戦勝利がないフランクフルトが対戦。フランクフルトからベンフィカへの移籍が噂される鎌田大地は、2試合ぶりの先発出場を果たした。

 試合が動いたのは2分、フランクフルトが先制する。ペナルティエリア手前でパスを受けたマリオ・ゲッツェが右足一閃。相手DFの股の間を通してゴールに突き刺し、移籍後初ゴールを記録した。

 しかし、ブレーメンは14分に追いつく。ペナルティエリア手前でこぼれ球に反応したアンソニー・ユングが右足を振り抜き、ゴール左下に流し込んだ。さらに17分、ブレーメンが逆転成功。マルヴィン・ドゥクシュのフリーキックにレオナルド・ビッテンコートが頭で合わせた。

 フランクフルトは18分、ジブリル・ソウのパスに合わせた鎌田がネットを揺らすが、直前のプレーで味方のオフサイドがあったとして得点は認められない。それでも33分、鎌田のパスを受けたランダル・コロ・ムアニがドリブルでペナルティエリア内に侵入。密集を強引に突破してシュートを放ち、試合を振り出しに戻した。

 39分、フランクフルトが勝ち越しに成功する。スルーパスに抜け出したイェスパー・リンドストロムがペナルティエリア右まで運び、ループシュートで相手GKとの一対一を制した。前半だけで5点が生まれた試合は、フランクフルトが1点リードで折り返す。

 フランクフルトは48分にリードを広げる。左からのパスを受けた鎌田は、ペナルティエリア内で相手に囲まれながらも冷静にボールをキープし、後ろのソウに託す。ソウは右足で合わせてゴールに突き刺した。

 試合終了間際、ブレーメンがPKを獲得。キッカーを務めたニクラス・フュルクルクは相手GKケヴィン・トラップの逆を突いてゴール左下へと流し込み、再び1点差となる。

 ブレーメンはその後も攻め立てるが、反撃は実らず。逃げ切ったフランクフルトが4-3で打ち合いを制した。ブレーメンは今季初黒星、フランクフルトは今季初勝利となった。フランクフルト長谷部誠に出番はなく、鎌田はフル出場した。次節は9月3日に行われ、ブレーメンは敵地でボーフム、フランクフルトはホームでライプツィヒと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 3-4 フランクフルト

【得点者】 
0-1 2分 マリオ・ゲッツェ(フランクフルト
1-1 14分 アンソニー・ユング(ブレーメン
2-1 17分 レオナルド・ビッテンコート(ブレーメン
2-2 33分 ランダル・コロ・ムアニ(フランクフルト
2-3 39分 イェスパー・リンドストロム(フランクフルト
2-4 48分 ジブリル・ソウ(フランクフルト
3-4 90+2分 ニクラス・フュルクルク(ブレーメン

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO