FOLLOW US

堂安律がデビュー戦で鮮やかなFK決勝弾! フライブルクが延長戦の末に逆転勝利

2022.08.01

堂安律がカイザースラウテルン戦で公式戦デビュー [写真]=picture alliance via Getty Images

 DFBポカール1回戦が31日に行われ、カイザースラウテルン(2部)とフライブルク(1部)が対戦した。今夏フライブルクに加入した日本代表MF堂安律は、先発で公式戦デビューを果たした。

 開始30秒、堂安がいきなり見せ場を作る。右サイドでボールを受けると、ダブルタッチでヘンドリック・ツックをかわし、3人に囲まれながらも中央へと切り込む。最後はユリアン・ニーヒュスにスライディングタックルで倒され、ニーヒュスのイエローカードを誘発した。

 その後はフライブルクが効果的に攻め込めないなか、32分にカイザースラウテルンが先制。ハーフウェーライン付近でボールを奪うと、こぼれ球を回収したマーロン・リッターは相手GKマルク・フレッケンの位置を確認し、思い切ってミドルシュートを放つ。フレッケンはボールに触ったものの、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

 1点ビハインドで折り返したフライブルクは、52分に決定機が到来。ヴィンチェンツォ・グリフォがペナルティエリア手前にパスを通すと、受けに寄った堂安はこれをスルーし、ペナルティエリア中央のミヒャエル・グレゴリッチュにボールが渡る。グレゴリッチュは左足を振り抜いたが、ゴール左下を狙ったシュートは惜しくも枠を外れた。

 一進一退の攻防が続くなか、フライブルクは82分に待望の同点ゴールを獲得する。コーナーキックに合わせたニルス・ペーターゼンのシュートは相手DFにブロックされたが、こぼれ球を拾ったペーターゼンが中央に折り返し、ゴール前のシャッライ・ロランドが合わせて押し込んだ。

 その後は両チームのプレーが一層熱を増し、接触プレーをめぐって両軍入り乱れる揉み合いが2度も発生。結局フルタイムで次の1点は生まれず、延長戦に突入する。

 すると111分、堂安がペナルティエリア手前で倒されてフリーキックを獲得。堂安自らキッカーを務め、左足を振り抜く。壁の上を越えたシュートは弧を描いてゴール右下に向かい、最後はポストに当たってゴールに吸い込まれた。堂安はその後、足をつってプレーを中断。115分にノア・ヴァイスハウプトと交代し、自ら歩いてピッチを後にした。

 試合はこのまま終了し、昨季ファイナリストのフライブルクが逆転勝利で1回戦を突破した。ブンデスリーガは来週末に開幕し、フライブルクは6日にホームでアウクスブルクと対戦する。

【スコア】
カイザースラウテルン 1-2 フライブルク

【得点者】
1-0 32分 マーロン・リッター(カイザースラウテルン)
1-1 82分 シャッライ・ロランド(フライブルク
1-2 111分 堂安律フライブルク

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO