FOLLOW US

10人のライプツィヒがDFBポカールを制覇! フライブルクとのPK戦を制し悲願の初優勝を飾る

2022.05.22

DFBポカールで初優勝を飾ったライプツィヒ [写真]=Getty Images

 DFBポカール決勝が21日に行われ、フライブルクライプツィヒが対戦した。クラブ史上初となる決勝進出を果たしたフライブルクと、直近4年で3度目の決勝進出となるライプツィヒ。どちらも初優勝をかけての一戦となった。

 試合の均衡が破れたのは19分、ヴィンチェンツォ・グリフォのロングパスに抜け出したクリスティアン・ギュンターがグラウンダーのクロスを供給すると、ロランド・サライのコントロールミスのこぼれ球を走り込んできたマキシミリアン・エッゲシュタインが豪快に蹴り込み、フライブルクが先制に成功する。

 24分、フライブルクゴール前での浮き球のルーズボールをニコラス・へフラーがバックヘッドでGKマルク・フレッケンに戻したところを、ゴール前のクリストファー・エンクンクが右足のボレーシュートで合わせゴールを狙う。しかしGKフレッケンに当たったボールを最後はニコ・シュロッターベックがゴールライン手前でクリアし、得点には至らない。

 その後もライプツィヒは攻勢をかけるが、フライブルクの粘り強い守備を崩しきれず、前半はこのままフライブルクリードで折り返した。

 1点ビハインドで後半を迎えたライプツィヒは57分、ロングボールで裏を取られたマルツェル・ハルステンベルクが、ルーカス・ヘーラーを後ろから倒してしまい一発退場。残り時間を10人で戦うことを余儀なくされた。

 しかし76分、数的不利のライプツィヒが同点に追いつく。セットプレーのこぼれ球を拾ったコンラッド・ライマーがペナルティエリア内にロングボールを送ると、ヴィリ・オルバンが頭で折り返したボールをエンクンクが滑り込みながら押し込み、試合を振り出しに戻した。その後は両チームとも攻めあぐねる時間が続き、試合は延長戦へ。

 迎えた延長戦。フライブルクは104分と115分に途中出場のヤニク・ハベラーに決定機が訪れるも、シュートはどちらもゴールの枠に弾かれ得点することができない。対するライプツィヒも117分、ダニ・オルモがペナルティエリア内で倒されるがPKは与えられず、試合はそのままPK戦へと突入した。

 先攻のライプツィヒは4人全員が成功したのに対し、後攻フライブルクは2人目のギュンター、4人目のエルメディン・デメロヴィッチが失敗。この結果、ライプツィヒがPK戦を4-2で制し、3度目の決勝で悲願のDFBポカール初優勝を飾った。

【スコア】
フライブルク 1-1(PK:2-4) ライプツィヒ

【得点者】
1-0 19分 マキシミリアン・エッゲシュタイン(フライブルク
1-1 76分 クリストファー・エンクンク(ライプツィヒ

【PR】「ABEMA」なら
ブンデスリーガが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、ブンデスリーガの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、厳選の好カードを堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら厳選された注目カードが楽しめる!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングなど、サッカーにまつわるあらゆる情報を提供している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

SOCCERKING VIDEO