FOLLOW US

1部復帰ブレーメン、降格ビーレフェルトのDFピーパー獲得…東京五輪に出場の24歳

ピーパーがブレーメンに加入 [写真]=Getty Images

 ブレーメンは18日、ビーレフェルトからドイツ人DFアモス・ピーパーが加入することを発表した。

 ピーパーとビーレフェルトの契約は今年6月30日で満了を迎える。そのため、1年での1部復帰を果たしたブレーメンには、フリートランスファーで加入する。

 現在24歳のピーパーは一対一の守備やビルドアップ能力に定評のあるセンターバック。ドルトムントの下部組織出身だが、トップチームでの出場機会を得られず、2019年1月にビーレフェルトへと完全移籍した。

 2019-20シーズンはブンデスリーガ2部の31試合に出場し、ビーレフェルトの1部昇格に貢献。ブンデスリーガ1年目の昨季は30試合に出場し、残留の立役者となった。今季はリーグ戦27試合に出場したものの、ビーレフェルトは2部降格の憂き目にあった。

 アンダーカテゴリーのドイツ代表では主力として活躍し、2021年6月にU-21欧州選手権優勝を果たした。同年8月には、U-24ドイツ代表の一員として東京オリンピックの2試合に出場した。

 ブレーメン加入に際し、ピーパーはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「クレメンス・フリッツ(ヘッド・オブ・スカウティング)とフランク・バウマン(競技部門取締役)との最初の会話から、オーレ・ヴェルナー監督との会話、そしてここでの契約締結に至るまで、僕は常に『これはフィットする、快適だ』という印象を抱けた。このクラブが僕に対して何を用意してくれているのか、どんな可能性があるのか。最初から魅力的で、とてもいい感じだった。だから、ブレーメンに決めたんだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO