FOLLOW US

レヴァンドフスキ、今夏での退団を希望か…クラブSDサリハミジッチ氏が明かす

去就に注目が集まるレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、今シーズン限りでの退団を希望しているようだ。クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏が明かした。14日、ドイツメディア『Sport 1』が伝えている。

 現在33歳のレヴァンドフスキは、2014年夏にドルトムントからバイエルンに加入。5シーズン連続でブンデスリーガ得点王に輝くなど、ここまで公式戦374試合に出場し344ゴール72アシストを記録する大活躍を見せている。現行契約は2023年6月までとなっているが、バルセロナが獲得に関心を示していることなどが報じられており、来シーズン以降の去就は不透明となっている。

 サリハミジッチ氏はドイツメディア『スカイ』の取材に対し「彼と話をしたよ。その会話の中で彼は『契約延長のオファーは受けたくない。クラブを去りたい。他のことをしてみたい』と言ってきた」と、コメントしたとされており、レヴァンドフスキ本人がバイエルンからの退団を望んでいる模様だ。

 サリハミジッチ氏は「彼とは来年の夏まで契約している。それが事実だ。心配はしていない」と、強気の姿勢を崩していない。しかしレヴァンドフスキは、先日のブンデスリーガ最終節ヴォルフスブルグ戦後のポーランドメディア『Viaplay Sport Polska』のインタビューに対し「これがバイエルンでの最後の試合になる可能性は十分にある」とコメントしたとされており、このことからもバイエルン退団の可能性は高まっているようだ。

 果たしてバイエルンは、絶対的エースを引き留めることはできるのだろうか。そしてレヴァンドフスキは来シーズン以降、どのクラブでプレーすることになるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO