FOLLOW US

ドルトムント、マレン躍動でホッフェンハイムとの打ち合い制す…先制点のハーランドは負傷交代

ホッフェンハイムとドルトムントが対戦した [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第20節が22日に行われ、4位ホッフェンハイムと2位ドルトムントが対戦した。

 試合は6分にドルトムントが先制する。細かくパスをつないでファイナルサードまで迫り、ドニエル・マレンがジュード・ベリンガムとのワンツーパスでペナルティエリア左に抜け出す。相手DFとGKの間に高速のグラウンダーパスを通すと、ゴール前のアーリング・ハーランドが押し込んだ。

 9分、ホッフェンハイムにアクシデントが発生する。クリストフ・バウムガルトナーが頭部を押さえてピッチに座り込み、プレー続行不可能となってメディカルスタッフに付き添われながらピッチを後にした。なお、バウムガルトナーは19日のDFBポカール3回戦フライブルク戦でも頭部の負傷により途中交代していた。

 11分、ホッフェンハイムに決定機が訪れる。デニス・ガイガーの供給した左コーナーキックに投入されたばかりのジョルジニオ・ルテルが頭で合わせたが、相手GKグレゴール・コベルのセーブと右ポストに阻まれた。23分にはアンドレイ・クラマリッチのクロスにリース・リチャーズが頭で合わせたが、これもクロスバーに嫌われる。

 ホッフェンハイムは前半アディショナルタイム1分に試合を振り出しに戻す。右サイドからイーラス・ベブがクロスを送り、ペナルティエリア中央のクラマリッチが右足ダイレクトボレーをゴール右下に流し込んだ。

 1-1で折り返すと、ドルトムントは58分に勝ち越し点を獲得する。マッツ・フンメルスの縦パスを起点に素早く中央を突破し、最後はマレンのパスからマルコ・ロイスがネットを揺らした。

 63分、ドルトムントにアクシデントが発生する。ハーランドが相手にプレスをかけた際に左足のそけい部を痛めてしまい、アクセル・ヴィツェルとの交代でピッチを後にした。

 ドルトムントは66分にリードを広げる。ドリブルでペナルティエリア内に侵入したマレンがグラウンダーで折り返し、相手DFダヴィド・ラウムのオウンゴールを誘った。

 77分、ホッフェンハイムが1点差に詰め寄る。モアネス・ダブールの浮き球パスに抜け出したルテルが、相手GKとの一対一を制してゴール右下に流し込んだ。

 試合はこのまま終了し、ドルトムントが逃げ切って勝利した。ホッフェンハイムはリーグ戦2連敗、ドルトムントはリーグ戦3連勝となった。次節、ホッフェンハイムは2月5日にアウェイでマインツと、ドルトムントは2月6日にホームでレヴァークーゼンと対戦する。

【スコア】
ホッフェンハイム 2-3 ドルトムント

【得点者】
0-1 6分 アーリング・ハーランド(ドルトムント)
1-1 45+1分 アンドレイ・クラマリッチ(ホッフェンハイム)
1-2 58分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
1-3 66分 オウンゴール/ダヴィド・ラウム(ドルトムント)
2-3 77分 ジョルジニオ・ルテル(ホッフェンハイム)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO