FOLLOW US

「ハーランドが夢を叶える」…各国メディア注目! 怪物FWが敗戦直後に見せた“粋な計らい”とは?

試合後の行動が注目されている、ドルトムントのハーランド [写真]=Getty Images

 17日に行われたバイエルンとドルトムントによるDFLスーパーカップにおいて、ドルトムントに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがとった行動に各国メディアが注目している。

 昨シーズンにブンデスリーガを制したバイエルンと、昨シーズンのDFBポカール杯王者のドルトムントが激突する構図となった一戦は、前半41分にポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのゴールでバイエルンが先制。1点リードで後半を迎えたバイエルンは、49分にもドイツ代表FWトーマス・ミュラーが加点する。2点のビハインドを背負ったドルトムントも、64分にドイツ代表FWマルコ・ロイスがゴールを挙げて反撃の狼煙を上げたかに思われたが、74分には最終ラインでボールをカットされたところからレヴァンドフスキにとどめの一発を許した。試合は3-1でバイエルンが勝利し、ドルトムントはタイトル獲得を逃している。

 試合後、一台のカメラは、この試合にフル出場したハーランドがスタンドの一区画へと向かう姿を捉えていた。ハーランドは看板とフェンスを次々に飛び越えると、とある少年ファンの元へと向かう。少年に自らのユニフォームを手渡すと、ハーランドは再び看板とフェンスを飛び越えてピッチに戻っていった。その後、カメラの映像にはユニフォームを手渡されて笑顔を見せる少年と、その様子を微笑ましく見つめる大人たちが映し出されていた。

 この、ハーランドの“粋な計らい”に各国メディアも注目。アメリカメディア『ESPN』のサッカー番組『ESPN FC』公式ツイッターは「ハーランドが夢を叶える」とキャプションを付け、少年にユニフォームを渡す際の映像を公開。イギリス紙『デイリー・スター』は「スコアボードに名前を刻むことはできなかったが、彼のユニフォームは幼いファンを喜ばせた」と報じ、アルゼンチン紙『Ole』も「ハーランドの素晴らしいジェスチャー」と伝えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO