FOLLOW US

フランクフルト、今季からローデが新キャプテンに就任…長谷部誠は副主将

2021.08.01

左から長谷部、ローデ、ヒンテレッガー [写真]=Getty Images

 フランクフルトは7月31日、2021-22シーズンからドイツ人MFセバスティアン・ローデがチームのキャプテンに就任することを発表した。

 フランクフルトは今年1月にアルゼンチン出身の元DFダビド・アブラーム氏が現役を引退して以降、正式なキャプテンの不在が続いていた。その間ゲームキャプテンを務めていたMF長谷部誠は新シーズン、オーストリア代表DFマルティン・ヒンテレッガーとともに副キャプテンを務めることになる。

 ローデはヘッセン州南部ゼーハイム・ユーゲンハイム出身の現在30歳。少年時代は同州南部の複数ユースクラブを渡り歩き、2010年夏に同州屈指の名門であるフランクフルトへと完全移籍した。その後、2014年夏にバイエルンへと移籍し、2016年夏からはドルトムントにも所属。2019年1月にレンタルでフランクフルトへと復帰し、同年夏に完全移籍した。フランクフルトでは公式戦通算200試合に出場している。

 フランクフルトのオリヴァー・グラスナー監督は、「セバスティアン・ローデはその素晴らしい経験と個性を持つ真のヘッセン人として、我々のチームにとって理想的なキャプテンであり、フランクフルトの強力な代表者だ。これは、長谷部誠マルティン・ヒンテレッガーの両名にも当てはまる」と、キャプテンの選考について説明している。

 また、ローデは「フランクフルトで腕章を巻くことは、僕にとって誇りであり、大きな喜びだ。オリバー・グラスナー監督の信頼に感謝したい。長谷部誠マルティン・ヒンテレッガーらと一緒に、日々情熱を持ってキャプテンを務めていきたい」と意気込みを示した。

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO