FOLLOW US

原口元気、3年過ごしたハノーファーに別れ…「とても感謝しています」

ハノーファーの原口元気 [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ2部のハノーファーに所属するMF原口元気が23日、自身のSNSを更新し、同クラブとファンに別れを告げた。

 2018年夏からハノーファーに所属する原口の現行契約は今季末までとなっていた。同選手は今季、ブンデスリーガ2部の全34試合にフル出場を果たし、9ゴール7アシストを記録。同クラブで公式戦通算98試合に出場して15ゴール16アシストの活躍を見せた。しかし、ハノーファーは2018-2019シーズンに2部に降格すると、昨季は6位、今季は13位でフィニッシュ。クラブとして上向かない状況となっている。

 ハノーファーは23日、最終節ニュルンベルク戦後、原口の他5名の選手がクラブを退団することを発表。原口は自身のツイッターを更新し、別れに際して以下のようにクラブへの感謝を述べた。

「親愛なるファンの皆さん、こんにちは。過去3年間、支えてくれたことにとても感謝しています。僕はファンの皆さんとともに、このクラブのために戦うことができて本当にとても幸せです。また会えることを楽しみにしています。ファンの皆さん、チーム、クラブに関わるすべての人、そして街に幸運を祈っています」

 原口元気は浦和レッズの下部組織出身。2009年にトップチーム昇格を果たし、5年半プレー。2014年夏、ヘルタ・ベルリンに加入し、3年半で公式戦105試合に出場。6得点10アシストをマークした。その後フォルトゥナ・デュッセルドルフへの期限付き移籍を経てハノーファーに加入した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO