FOLLOW US

レヴァークーゼン、セオアネ氏の新監督就任を発表…ヤング・ボーイズでスイス3連覇

レヴァークーゼンの新監督に就任するセオアネ氏 [写真]=Getty Images

 レヴァークーゼンは19日、スイス人指揮官ジェラルド・セオアネ氏が来シーズンから新監督に就任することを発表した。

 現在スイス1部のヤング・ボーイズを率いるセオアネ監督は、今夏から2024年6月30日までの契約でレヴァークーゼンの監督に就任する。現在トップチームを率いるハンネス・ヴォルフ監督はドイツサッカー連盟(DFB)へと帰還し、U-18ドイツ代表監督に復帰する予定。

 セオアネ監督は現在42歳で、スイスとスペインの市民権を持っており、6カ国語を流暢に操れるという。現役引退後にルツェルンの下部組織で指導者キャリアをスタートさせ、2018年夏にヤング・ボーイズの監督に就任。同クラブでスイス・スーパーリーグ3連覇を成し遂げた。データサイト『Opta』によると、2003年に創設された同リーグを3季連続で制した史上初の監督であり、ルツェルン時代も含めた1試合平均の勝ち点「2.3」はリーグ史上最高の成績だ。

 レヴァークーゼンは今季のブンデスリーガでスタートダッシュに成功し、開幕から12戦無敗を記録して一時は首位に立った。しかし、第13節でバイエルンとの直接対決に敗れてからは急失速すると、ヨーロッパリーグでも決勝トーナメント1回戦でセオアネ監督のヤング・ボーイズに敗れて敗退。3月23日にピーター・ボス前監督を解任した。ヴォルフ監督の就任後は3勝3分1敗と盛り返し、6位で来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得することが決まっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO