FOLLOW US

奥川雅也が堂安律の同僚に! 買取OP付の半年レンタルでビーレフェルトに加入決定

奥川雅也がビーレフェルトに加入した [写真]=Getty Images

 MF堂安律が所属するビーレフェルトは31日、ザルツブルクからMF奥川雅也が期限付き移籍で加入したと発表した。

 期限付き移籍期間は2020-21シーズン終了まで。なお、契約には買い取りオプションが付帯している。

 現在24歳の奥川は、奥川は京都サンガF.C.の育成組織出身で、2015年にトップチームへ昇格した。同年夏にザルツブルクの実質的なBチームであるリーフェリンクへと完全移籍。マッテルスブルク(オーストリア)やホルシュタイン・キール(ドイツ)などへの期限付き移籍も経験し、2019年夏にザルツブルクへ加入した。2019-20シーズンは公式戦33試合に出場し11ゴールを記録。今シーズンはここまで公式戦14試合に出場して3得点を挙げていた。

 奥川は昨年11月、クラブ事情により代表不参加となった堂安に代わって日本代表への初招集が発表された。しかし、その後にザルツブルクの複数選手に新型コロナウイルスの陽性反応が示されたことに鑑み、招集は見送りとなっていた。

 ビーレフェルトのサミール・アラビTD(テクニカル・ディレクター)は奥川について、「ザルツブルクで非常に質の高いトレーニングを積んだ、クリエイティブな選手。技術面の質だけでなく、そのメンタリティにも自信を持っている」と称賛。また、ウーヴェ・ノイハウス監督は、「選手のタイプとしては、雅也は堂安律に似ていると言える。彼は攻めに向かうためのクリエイティブなアイデアを多数持っている。彼がいれば、私たちはゴール前での決定機をもっと増やせるだろう」と期待を寄せている。

 ビーレフェルトは昨季のブンデスリーガ2部を制し、今季に2006-07シーズン以来となるブンデスリーガ復帰を果たした。今季は開幕2試合で1勝1分と好スタートを切ったものの、その後は7連敗を喫するなど苦戦を強いられた。それでも第10節以降に調子を取り戻し、直近9試合は4勝1分4敗と5分の成績を収めている。勝ち点「17」で現在15位のビーレフェルトは、31日に勝ち点差「2」の16位ケルンとの直接対決を控えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO