FOLLOW US

大迫勇也が同点弾の起点に!…ブレーメン、フンテラール復帰のシャルケに追いつきドロー

ブレーメンとシャルケが対戦した [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第19節が30日に行われ、FW大迫勇也が所属するブレーメンは、ホームでシャルケと対戦した。

 大迫は4試合連続のベンチスタートとなり、61分から出場。一方、最下位に沈むシャルケは、1月に約3年半ぶりとなる復帰を果たしたクラース・ヤン・フンテラールが80分からの出場で再デビューを果たした。

 先に試合を動かしたのは、アウェイのシャルケだった。38分、ティモ・ベッカーのスルーパスに反応したアミーヌ・アリが右サイドの深い位置から折り返し、最後はオマール・マスカレルがゴール右下隅に突き刺した。2018年夏からシャルケでプレーするマスカレルにとっては、待望の加入後初得点となった。前半はシャルケの1点リードで折り返した。

 61分から途中出場した大迫は、75分に決定機を迎える。ミロト・ラシカのクロスに頭で合わせると、ボールはゴール左上の際どいコースに飛んだ。しかし、相手GKラルフ・フェアマンの好セーブに阻まれ、待望の今季初得点とはならなかった。

 すると77分、ブレーメンが試合を振り出しに戻す。大迫からの鋭いスルーパスに抜け出したラシカが折り返すと、後ろから飛び込んだケヴィン・メーヴァルトがゴール右下に流し込んだ。さらに後半アディショナルタイムには、テオドール・ゲブレ・セラシェの折り返しにマキシミリアン・エッゲシュタインが合わせて逆転したかと思われたが、オフサイドによりゴールは取り消された。

 試合はこのまま終了。ブレーメンは今季7分目で連勝を逃し、シャルケは今季5分目で3連敗を止めた。次節、ブレーメンは2月7日にアウェイでMF堂安律が所属するビーレフェルトと、シャルケは2月6日にホームでライプツィヒと対戦する。

【スコア】
ブレーメン 1-1 シャルケ

【得点者】
0-1 38分 オマール・マスカレル(シャルケ)
1-1 77分 ケヴィン・メーヴァルト(ブレーメン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO