FOLLOW US

「チャンスがあると感じた」…ボアテングがフリック監督との関係を明かす

ハンジ・フリック監督についてコメントしたジェローム・ボアテング [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属する元ドイツ代表DFジェローム・ボアテングがハンジ・フリック監督についてコメントしている。30日、ドイツ紙『ビルト』が伝えた。

 現在31歳のボアテングは2019―2020シーズンのバイエルンの3冠に大きく貢献したが、フリック監督との良好な関係が自身とチームの好パフォーマンスに影響を与えていたという。同監督について以下のようにコメントしている。

「フリック監督のもとでは、自分がフィットしていることを示し、再びリズムを取り戻すことができればかなりのチャンスが得られると思っていた。彼は人間的にはっきりとしている人で、とても正直だ。彼が取り組むべきことを教えてくれたから、僕だけでなくチームにとってもチャンスがあると感じたんだ。3冠達成は彼のやり方が正しいことを証明した」

 また、現行契約が2021年6月末までとなっているボアテングは自身の将来について以下のようにコメントしている。

「契約を超えた話はまだしていない。でもはっきりしているのは、僕はフリック監督のもとでこの道を歩んでいきたいということだ。新シーズンもこのチームで多くのことを成し遂げられると確信している。そのチームの一員でありたいと思っているよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO