FOLLOW US

今夏ドルトムントへ加入の18歳MF、新シーズンへ意気込み「僕はカカではない。ヘイニエルだ」

ドルトムントの一員としてトレーニングするヘイニエル [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードからドルトムントへ移籍したU-23ブラジル代表MFヘイニエルが、自身の将来について語った。27日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 2020年1月にレアル・マドリードへ加入しBチームのカスティージャでプレーしていたヘイニエルは、今月ドルトムントへ2シーズンの期限付き移籍が発表された。新シーズンに向けての取材に応じた同選手は、頻繁に比較されるブラジルのレジェンドMFカカにも触れながら、以下のように語った。

「僕はカカのようになりたいわけではない。ヘイニエルだ。素晴らしい選手と比較されることは良いことだと思うが、僕は自分の力を証明したいと思っているんだ」

「スペインに残ることも考えたが、ドルトムントへ移籍するという選択肢が浮上した時には、すぐに決めたよ。ドルトムントは選手の育成が優れているからね。僕は選手としてはもちろん、人としても成長したいと思っているよ」

「多くのタイトルを獲得し、ここで歴史を作っていきたい。試合では、監督が必要としているポジションでプレーできるよう、しっかり準備するよ。攻撃的なポジションなら、どこも好きだからね」

 2019-20シーズンはセグンダ・ディビシオンB(3部相当)で公式戦3試合に出場し、3ゴール2アシストを記録したヘイニエルだが、ブンデスリーガではどのような活躍を見せるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA