FOLLOW US

「君が背番号1だ」…フランクフルト指揮官、移籍噂のGKトラップ残留を希望

フランクフルト指揮官がケヴィン・トラップに言及 [写真]=Getty Images

 フランクフルトのアディ・ヒュッター監督がドイツ代表GKケヴィン・トラップの去就について言及した。ドイツ紙『ビルト』が29日に報じている。

 トラップはこれまでヘルタ・ベルリンやベティスへの移籍がささやかれてきた。しかしヒュッター監督は29日に行われたトレーニングで「ヘルタには行かないだろう。もちろんこの話題がなくなったわけではないが」と言及したことで、取り沙汰されていたヘルタ・ベルリンへの移籍の可能性が低くなったとみられている。

 また、トラップがフランクフルトと契約延長するかどうかは新シーズンに向けたチーム構成次第だとし、「もしケヴィンが良いオファーを受ければ、話し合わなければいけないだろう。しかし私はケヴィンに直接電話し、『君が背番号1番であり続けるだろう』とはっきり伝えた」と話した。 クラブを去る可能性がなくなったわけではないが、指揮官はトラップを評価しているようだ。

 トラップは、フランクフルトで通算174試合に出場しているが、来季もクラブに残るのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA