FOLLOW US

「残留が安泰」バラック氏がハフェルツの去就に持論…その理由とは?

2020.05.14

レバークーゼンに所属するハフェルツ [写真]=Getty Images

 元ドイツ代表MFのミヒャエル・バラック氏が、ドイツ代表MFカイ・ハフェルツの去就について持論を展開した。13日、イギリスメディア『フットボールロンドン』が報じている。

 レヴァークーゼンに所属するハフェルツは、すでにドイツ代表で6試合に出場し、昨年には初ゴールも記録した早熟の20歳。その左足を武器にブンデスリーガでも実力を発揮し、今や多くのビッグクラブの熱視線を集める超人気銘柄となっている。その関心は特にプレミアリーグ方面から強まっており、チェルシーやリヴァプール、マンチェスター・Uらが獲得に向けた準備に動いているようだ。

 しかし、クラブOBでありドイツ代表としても活躍したバラック氏は、レヴァークーゼンやバイエルンを経てチェルシーに移籍した自身の経験を踏まえ、今はすべてのオファーを蹴って残留すべきだとの持論を語った。

「彼のようなクオリティーを持った選手はどのクラブにも欲しがられるだろう。でもレヴァークーゼンにいるのが安泰だと思う」

「ここの環境は、若いトッププレーヤーにとって完璧だ。バイヤー(・レヴァークーゼン)は魅力的なサッカーをするし、トレーニング施設もとても良い」

「レヴァークーゼンには慎重な環境がある。選手たちは大きな批判の的になることなくミスをすることができるんだ。この環境は評価されるべきだよ」

「もちろんハフェルツのような選手はチャンピオンズリーグでプレーするべきだから、レヴァークーゼンが出場権を獲得するのは大事なことだね」

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO