FOLLOW US

引退までそう長くはない?…30歳を迎えたクロース「38歳までプレーすることはない」

30歳になったドイツ代表MFトニ・クロース [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが自身の将来について語った。6日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 クロースはバイエルンの下部組織出身でそのままトップチームデビューを果たし、ワールドカップで優勝した2014年からレアル・マドリードに活躍の場を移した。同選手は、ドイツのサッカー番組で、この先何年にも渡って現役選手としてプレーする意思はないことを示した。

 1月8日に30歳の誕生日を迎えたクロースは、「これ以上何が欲しいのか?と考えるのにはいい年齢だよね」とコメント。さらに「(僕のキャリアは)ずっと長くは続かないよ。38歳になるまでには、もうプレーしていないだろうね」と続けた。

 クロースとレアル・マドリードとの契約は2023年までとなっており、そのころには33歳になる。既に自身の引退について考えていながらも、「ここに5年以上いられて、とても幸せ」と語る同選手は、レアルでタイトルを獲得したいという強い意志を語った。

「トロフィーを勝ち取る気持ちというのは中毒性がある。だから僕はまだプレーしているんだ」

「最も良い例はチャンピオンズリーグで、3連覇というのは普通じゃないよね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA