FOLLOW US

またもファーストタッチから決勝点! バイエルンが“新星”ザークツィーの2戦連発弾でヴォルフスブルク下す

ザークツィーは2試合連続ファーストタッチから決勝点を奪った [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第17節が21日に行われ、バイエルンはホームにヴォルフスブルクと対戦した。

 序盤からボールを支配したバイエルンが攻勢に出るが、GKのクーン・カステールスが好セーブを見せるなど、ヴォルフスブルクの堅守の前に攻め切れないファーストハーフとなった。さらに、前半終了間際にはバイエルンにアクシデントが発生。相手との競争になったハビ・マルティネスが筋肉系のトラブルを起こすと、自らの足で立ち上がれず、ジェローム・ボアテングとの交代を余儀なくされた。

 後半も思うように攻められずにいたバイエルンは、83分に前節ファーストタッチから決勝点を奪ったジョシュア・ザークツィーを投入。すると、86分にペナルティエリア右脇からトーマス・ミュラーがクロスを供給。このボールに反応したザークツィーが流し込んで待望の先制点を奪う。またもファーストタッチからゴールを奪い、アリアンツ・アレナのボルテージは最高潮となる。さらに、89分にもセルジュ・ニャブリがダメ押しゴールを記録し、2-0でバイエルンが勝利した。

【スコア】
バイエルン 2-0 ヴォルフスブルク

【得点者】
86分 1-0 ジョシュア・ザークツィー(バイエルン)
89分 2-0 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA