FOLLOW US

長谷部が300試合出場を達成…日本人選手のブンデス通算出場数トップ10は?

2019.12.20

[写真]=Getty Images

 18日に行われたブンデスリーガ第16節で、フランクフルトに所属する元日本代表MF長谷部誠が同リーグ通算300試合出場を達成した。2008年2月にヴォルフスブルクでブンデスリーガデビューを果たしてから13シーズン目での大台到達となり、日本人選手として初の偉業を成し遂げた。

 そこで今回は、日本人選手のブンデスリーガ通算出場ランキングを紹介。現役の日本代表選手から日本サッカー史にその名を残すあのレジェンドまで、以下に歴代トップ10を挙げる。

*ブンデスリーガ通算成績は12月19日時点のもの
*2部リーグ以下の出場数・得点数は含めない

写真=ゲッティイメージズ

10位 内田篤人


ブンデスリーガ通算成績:104試合1得点

2010年夏に鹿島アントラーズからシャルケに加入すると、右サイドバックのレギュラーとして活躍。2017年にウニオン・ベルリン(当時2部)に移籍するまで、ブンデスリーガ通算104試合に出場した。加入1年目の2010-11シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)で日本人初となるベスト4進出を果たすなど、欧州最高峰の舞台でも輝かしい実績を残した。

9位 清武弘嗣


ブンデスリーガ通算成績:117試合17得点

2012年夏にドイツ上陸を果たすと、ニュルンベルクとハノーファーで計4シーズンを過ごした。2015-16シーズンにはハノーファーで背番号「10」を着用。チームは2部降格が決まったが、5ゴール6アシストを記録して、2016年夏にスペインの名門セビージャへの移籍を勝ち取った。

8位 原口元気


ブンデスリーガ通算成績:119試合4得点

2014年夏に加入したヘルタ・ベルリンでレギュラーの座を掴み、ブンデスリーガ通算91試合に出場。昨年11月にハノーファーで日本人史上11人目となる通算100試合出場を達成した。今季はブンデスリーガ2部を主戦場としており、ここまで16試合に出場。直近4試合で2ゴールを挙げ、好調ぶりを見せつけている。

7位 岡崎慎司


ブンデスリーガ通算成績:128試合37得点

2011年1月に清水エスパルスからシュトゥットガルトに加入し、在籍2年半でブンデスリーガ63試合に出場した。2013年夏に移籍したマインツでは、加入1年目からリーグ戦15ゴールをマーク。2011-12シーズンに香川真司が挙げた13ゴールを上回り、ブンデスリーガにおける日本人のシーズン最多得点記録を更新した。

6位 高原直泰


ブンデスリーガ通算成績:135試合25得点

2003年1月から5年間にわたってドイツでプレー。ハンブルガーSVで97試合、フランクフルトで38試合のリーグ戦出場数を記録した。フランクフルト在籍時の2006-07シーズンには、ブンデスリーガで日本人初のハットトリックを達成するなど11ゴールを記録。現地では“スシボンバー”の愛称で親しまれた。

5位 大迫勇也


ブンデスリーガ通算成績:140試合22得点

今季もドイツで活躍を続ける大迫が5位にランクイン。昨年夏まで在籍したケルンでは、ブンデスリーガ通算108試合に出場して15ゴールをマーク。ブレーメン在籍2年目となる今季も、ケガで離脱した期間がありながら、リーグ戦ではチーム2番目の4ゴールを決めている。今後どこまで出場数を伸ばすのか注目だ。

4位 香川真司


ブンデスリーガ通算成績:148試合41得点

2010年夏にドルトムントへ移籍すると、ブンデスリーガ2連覇を達成。ユルゲン・クロップ監督(現リヴァプール指揮官)の指導のもと、不動のトップ下として活躍した。2014年夏にマンチェスター・Uからドルトムントに復帰したあとも、リーグ戦99試合に出場して20ゴールをマーク。ブンデスリーガ通算41得点は、日本人最多記録である。

3位 酒井高徳


ブンデスリーガ通算成績:170試合2得点

今年8月にJリーグ復帰を果たすまで、7年半にわたってドイツでプレー。シュトゥットガルトとハンブルガーSVの2クラブでブンデスリーガ通算170試合に出場した。ハンブルガーSVに在籍していた2016年11月には、日本人として初めてブンデスリーガのクラブでキャプテンを務めるなど、名門クラブでリーダーシップを発揮した。

2位 奥寺康彦


ブンデスリーガ通算成績:234試合26得点

日本人として最初にブンデスリーガのピッチに立ったのが、奥寺氏(現・横浜FC会長)だ。1977年に入団したケルンでは、リーグ戦通算75試合に出場。1年目からブンデスリーガとDFBポカールの2冠を成し遂げた。1981年に加入したブレーメンでもレギュラーとして活躍し、5シーズンでリーグ戦159試合に出場。正確無比の安定したプレースタイルから「東洋のコンピューター」というニックネームがついた。

1位 長谷部誠


ブンデスリーガ通算成績:300試合7得点

2008年1月の渡独以来、ヴォルフスブルク、ニュルンベルク、フランクフルトの3クラブでプレー。2017年3月にブンデスリーガ通算出場数が235試合に達し、奥寺氏が保持していた日本人の最多出場記録を更新した。なお、アジア人のブンデスリーガ最多出場記録は、レヴァークーゼンなどで活躍した元韓国代表FWチャ・ボムグン氏が持つ308試合。早ければ、来年3月にも新記録を樹立する。

(記事/Footmedia

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By Footmedia

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

SHARE

SOCCERKING VIDEO