FOLLOW US

フランクフルト主将アブラームに年内出場停止処分…敵将を突き飛ばす

敵将を突き飛ばして相手選手ともめるアブラーム(左)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ドイツサッカー連盟(DFB)は13日、MF長谷部誠と日本代表MF鎌田大地が所属するフランクフルトのアルゼンチン人DFダビド・アブラームに、7週間の出場停止処分を言い渡した。DFB公式サイトが発表した。

 フランクフルトのキャプテンを務めるアブラームは、10日に行われたブンデスリーガ第11節のフライブルク戦で1点ビハインドの後半アディショナルタイムに、サイドラインを割ったボールを走って取りに行った際、ベンチ前にいた相手のクリスティアン・シュトライヒ監督を突き飛ばして一発退場となっていた。

 DFBはアブラームに、11月10日〜12月29日までの7週間の出場停止と罰金2万5000ユーロ(約300万円)の処分を科した。同選手は年内の残り6試合を欠場することとなる。この処分に対してフランクフルトは異議を申し立てることを発表している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO