2019.05.17

独代表FWブラント、最終節の結果次第でドルトムント移籍を決断か

ユリアン・ブラント
移籍の噂が出ているブラント [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レヴァークーゼンに所属するドイツ代表FWユリアン・ブラントは、今夏にチームを去る場合、ドルトムントへと移籍する可能性が高いようだ。15日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 ブラントはチームが4位以内でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を手にすれば残留するようだが、レヴァークーゼンは現在ブンデスリーガで5位に位置している。残すは最終節のみとなっており、勝ち点で並ぶ4位ボルシアMGを抜くことができずにシーズンを終えた場合、同選手は移籍を希望する模様だ。

 現在23歳のブラントは、今シーズンのリーグ戦で32試合出場6ゴール14アシストを記録。ドイツ代表でもこれまで通算24試合出場2ゴールを記録している。レヴァークーゼンとは2年の契約期間が残っているものの、2150万ポンド(約30億円)の違約金が設定されており、同メディアはドルトムントへの移籍の可能性を報じている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング