FOLLOW US

元ドイツ代表の34歳GKアドラー、引退の可能性も「まだ何とも言えない」

今季限りでの現役引退を示唆したアドラー [写真]=Bongarts/Getty Images

 マインツに所属する元ドイツ代表GKレネ・アドラーが、現役引退を検討していることを明かした。ドイツ誌『kicker』日本語版が報じている。

 報道によると、アドラーは「今年6月いっぱいまでは、現役のプロスポーツ選手だ。マインツとの契約が切れるまではね。これからどうなるのか。もう一度ピッチに立つのか。今のところはまだ、なんとも言えないんだ」とコメント。現役引退の可能性を示唆した。

 かつてドイツ代表としてもプレーしたアドラーは、昨年5月にひざの軟骨を損傷。現在は実戦復帰を目指している。同選手は「問題はひざがどう反応していくのか。また期待されているようなパフォーマンスを発揮できるのか。家族と話し合い、そして今後の成り行きをみていくことになるよ」と話している。

 アドラーは1985年生まれの34歳。レヴァークーゼン、ハンブルガーSVを経て2017年からマインツでプレーしている。2008年にドイツ代表でデビューし、2013年まで名を連ねていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA