FOLLOW US

「何が戦術だったのか」…10戦勝ちなしのアウクスブルク、DFの発言が話題に

ボルシアMG戦後のコメントが話題となっているヒンテレッガー [写真]=Bongarts/Getty Images

 26日に行われたブンデスリーガ第19節でも、ボルシアMGに0-2と敗れたアウクスブルク。リーグ戦10試合勝ちなしと苦しむ中、オーストリア代表DFマルティン・ヒンターエッガーの発言が話題となっている。ドイツ誌『kicker』日本語版が28日に報じた。

 敵地で完封負けを喫し、リーグ戦10試合勝ちなしとなったアウクスブルク。試合後にマヌエル・バウム監督とシュテファン・ロイター氏が、審判団に対して怒りをあらわにした。その一方で、ヒンターエッガーから放たれた指揮官への言葉が話題となっている。

「2018年は1年間を通じて、僕たちは下降線の一途を辿っていた。良くなったところは大して見ることができないし、この1年は成長というよりむしろ低下していったよ」

「監督についてポジティブな言葉は出てこないね。ネガティブな言葉もね」

 そしてヒンターエッガーはボルシアMG戦を振り返って、以下のようにコメントしている。

「前半だけで0-4になっていてもおかしくはなかった。(ボール)ポゼッションは20パーセントなかった気分だ。それではサッカーを楽しめるはずがない。ボールを追いかけるだけではね。今日は何が戦術だったのか、それもわからない」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO