FOLLOW US

トゥヘル監督、愛弟子ヴァイグルへの関心を認める「彼が必要だ」

PSGからの関心が報じられるヴァイグル [写真]=Getty Images

 パリ・サンジェルマンを率いるトーマス・トゥヘル監督が、ドルトムントに所属するドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルについて関心を認めている。フランス紙『RMCスポーツ』が伝えている。

 パリ・サンジェルマンはフランス代表MFアドリアン・ラビオが移籍を希望し戦力外となっていることから、中盤の補強を目指しているという。そこで、トゥヘル監督が、ドルトムントで教えたヴァイグルを以前から狙っていると報じられている。

 トゥヘル監督はこの状況を受けて次のようにコメント。ヴァイグルへの関心を認めた。

「ユリアンはいつでも興味深い選手だ。この件について話すことはなにもない。彼は私の選手だったし、ともに仕事もした。ドルトムントですばらしいプレーを見せていたが、彼はドルトムントの選手だからね。我々には(冬の補強が)必要だ。昨夏に行われなければならなかった。だが我々には彼が必要なんだ」

 ドルトムントは今冬の移籍市場での放出を認めていない模様。果たしてヴァイグルのフランス移籍は実現するのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO