2018.12.22

2019年は飛躍の1年へ…井手口陽介「今年の悔しさを晴らすために」

井手口陽介
負傷の状態や来年の目標を語った井手口
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ2部のグロイター・フュルトに所属するMF井手口陽介が22日にドイツから帰国し、取材に応じた。

 井手口は今シーズン、イングランド2部のリーズからフュルトにレンタル移籍で加入。移籍後初出場となったブンデスリーガ2部第5節ホルシュタイン・キール戦では初スタメンで初ゴールを決めるなど順調なスタートを切ったが、9月30日に行われた第8節のディナモ・ドレスデン戦で右ひざの後十字じん帯を断裂し、無念の負傷離脱を強いられていた。

 井手口は右膝の状態について「非常に良い感じだと思います」と報告した。「リハビリも日本でやってきたことを継続しながら、また新しいことをドイツでやっている。対人以外は自信を持ってやれると思います」とコメント。全体練習には「入ったり、入らなかったり」という状況が続いているが、「ボールは全然蹴れます」と順調な回復をアピールした。年明けの全体練習合流を目指すという。

「このような怪我は初めて。ケガしてからは不安でしたけど、離れてみたらすごく自分の弱いところを改善できていると思う。それはすごく良かった」
 
 今月12日にはAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバー23名が発表されたが、負傷の影響もあり、井手口が選出されることはなかった。井手口はアジアカップについて「まだケガも完治していないし、練習に全体合流できてもいないので」と述べ、「(メンバーから外れて)残念ってよりは、これからしっかり(ケガを)治して、次って気持ちの方が強い」と話した。

 最後に、2018年を振り返った井手口は以下のようにコメント。来年に向けての意気込みも語っている。

「この1年間試合に出られなかったり、ロシアW杯に行けなかったり、初めての大きなケガをしたり、すごく苦い経験でもありながら、良い経験をした。今年の悔しさを晴らすために、来年は試合に出続けることを目標にしていきたい」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング