FOLLOW US

敗戦後、テレビ解説者にビンタ3発…リベリーがトラブル発生を謝罪

ドルトムント戦後のトラブル発生を謝罪したリベリー [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属する元フランス代表MFフランク・リベリーが、フランスのテレビ解説者とトラブルを起こした件について謝罪したようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が15日に報じている。

 リベリーは10日に行われたブンデスリーガ第11節ドルトムント戦にフル出場したが、バイエルンは2-3と敗戦。同試合後、解説者のパトリック・ギユ氏との間でトラブルが生じたと報じられた。14日付の『kicker』日本語版によると、ギユ氏が解説を務めた『beIn Sports』が「フランク・リベリーがギユ氏を侮辱し、身体的ダメージを与えた」と報じたという。12日にドイツ紙『ビルト』が伝えたところによれば、リベリーは「ビンタを3度見舞ったうえに、胸を小突いた」のだそうだ。

 なお、トラブルの引き金となったのは、ギユ氏が試合中継にて、バイエルンが喫した3失点のうち2失点について、リベリーが部分的に関与していたと述べていたことにある模様だ。

 本件についてバイエルンの首脳陣は14日、対応を協議した模様。ウリ・ヘーネス会長とスポーツディレクターのハサン・サリハミジッチ氏が出席した話し合いの場にて、リベリーがギユ氏とのトラブル発生を謝罪したという。同選手への処分も検討されている模様だが、14日時点では報告されていない。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA