FOLLOW US

大迫先発のブレーメンが今季初連敗…40歳ピサーロの公式戦3戦連発で反撃も及ばず

リーグ戦6試合連続で先発出場した大迫勇也 [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第10節が4日に行われ、日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンはアウェイでマインツに1-2で敗れた。大迫は右サイドで先発出場したが、2点ビハインドの56分に途中交代となった。

 前半はマインツが優位に立ち、25分には、ペナルティエリア中央のジャン・フィリップ・マテタが右サイドからのクロスを押し込んで先制に成功。ブレーメンは44分、右サイドからのクロスに中央の大迫が頭で合わせるが、枠を捉えなかった。

 後半に入ってマインツは51分にジャン・フィリップ・グバミンが左足ミドルをゴール右隅に突き刺し、リードを広げる。2点を追うブレーメンは78分、エリア右に侵入したヨハネス・エッゲシュタインの折り返しをクラウディオ・ピサーロが合わせ、途中出場の2人で1点を返す。

 ブレーメンは40歳のピサーロの公式戦3試合連続ゴールで勢いづいたが、82分にマックス・クルーゼがエリア左から放った強烈なシュートは得点に結びつかず。このまま反撃は及ばず、今シーズン初の連敗で3敗目を喫した。一方のマインツは7試合ぶりの白星を収めた。

 次節、ブレーメンは11日にホームでボルシアMGと、マインツは同日にアウェイでフライブルクと対戦する。

【スコア】
マインツ 2-1 ブレーメン

【得点者】
1-0 25分 ジャン・フィリップ・マテタ(マインツ
2-0 51分 ジャン・フィリップ・グバミン(マインツ
2-1 78分 クラウディオ・ピサーロ(ブレーメン

【スターティングメンバー】
マインツ(4-3-1-2)
ツェントナー;ブロジンスキ、ベル、ニアカテ、マルティン;グバミン、カンディ、ラッツァ(84分 マキシム);ボエチウス;マテタ(74分 ウジャー)、クアイソン(81分 オニシウォ)

ブレーメン(4-3-3)
パブレンカ;ゲブレ・セラシェ、ヴェリコヴィッチ、モイサンデル、アウグスティンソン;M・エッゲシュタイン、バルクフレーデ(72分 ハルニク)、クラーセン;大迫(56分 ピサーロ)、クルーゼ、カインツ(56分 J・エッゲシュタイン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA